妻と歩むうつ病闘病記㉔ お母さんとの電話

皆さんおはようございます。

皆さんは自分の親や親せきに生活感がある部屋を見せられますか?

私が一人暮らしをしていた頃は親が来る時に部屋を片付けたりとか考えたこともなかったですね。

相手の親と自分の親との対応を同じに考えたら痛い目みますね(笑)

母との話し合い

10月6日20時頃

10月5日に黒いメッシュの袋事件があってから母と一度話す約束をした為、仕事と妻の看病の後20時頃に家に着いた私は妻のお母さんと通話をしました。

話の内容としては

  • お母さんの用意したメッシュの袋を持って行かなかったことの謝罪
  • お母さんが家を手伝う理由
  • お母さんが妻に怒りのラインを送ったことに対しての意見

まずはお母さんへ黒いメッシュの袋を持って行かず別の部屋に置いてしまったことに対する謝罪をしました。

袋が必要かまたその中身が必要かどうかではなく、お母さんの妻(娘)に対する思いを汲むことができなかった点に対しては私の配慮がなかったなと思いました。

お母さんが「とても傷つきました。」と言われて、私は[そうだよなぁ…]と思いつつも、「そんなに大事なものなら自分でもっていけるような関係性を築いてくれよ…。」と複雑な思いもありました。

そして次に、お母さんが家に来て家事をする理由や思いについて話ました。

お母さん「私はあなたよりも娘(妻)が大切です。私が家事をする代わりにあなたには毎日でも見舞いに行って欲しかったあなたが倒れても這ってでも行って欲しかった。」

どんなパワーワードやねん!

NGワード多すぎてどこから突っ込めば良いのやら。

私と妻は入院当初のやり取りでお互い無理をすると余裕がなくなるので、1日おき程度で見舞いにいくことを約束していました。

もちろん見舞いに行かない日は妻も寂しい気持ちにはなりますが、一番やってはいけないのは私に余裕がなくなってそのストレスを妻にぶつけることだと思ったので、適度な距離感を維持していました。

しかしお母さんから見ると私の対応では満足できていなかったようです。

お母さんからの言葉に私も頭にきてしまい、

私「自分の娘が一番なのは当然で、そう思っててくれれば良いです。ただそれならなぜ一番大事な娘(妻)に感情をぶつけるラインを送ったのですか?一番今ストレスを与えてはだめな人でしょ!。怒るなら私に怒ってください!。」

ここからケンカのゴングがなりますよね。

お母さん「そんなの送れるわけないでしょ。」

私「娘が一番大事なら私に送れるでしょ!」…と

その後いろいろと話し合いなのかケンカなのかわからないですが、1時間くらい話をしておわりました。

結局何か解決したわけでもなく平行線だったのですが、私はもうお母さんに家へ来てもらうのはやめてもらおうと思いました。

まとめ

お母さんの性格上思った事を口にしてしまうのですが、なかなか切れのある言葉を私に言ってくれますよね。

私が仕事をしながら看病するのがどれだけ大変か、少しでも話を聞いてもらえたらありがたかったのですが…。

なかなか自分に余裕がなくなると相手の話なんか聞けなくなりますよね。そこはお母さんも私も一緒でしたね。

心の余裕大事!!

それではみなさん「人生をHappyに!」

コメント

タイトルとURLをコピーしました