妻と歩むうつ病闘病記㉑ お母さんからの提案

皆さんおはようございます。

会社の社長や学校の校長それぞれの経営の考え方で、働き方は良い方にも悪い方にも向きますね。

前回までは学校側とのやり取りを話しましたが、次は時を戻して妻のお母さんとのやり取りについて

お母さんからの提案

以前にもお話させていただきましたが、お母さんは妻のことが心配過ぎてたくさんのお菓子やパン、遠くの神社へお守りを買いに行く程でした。

ただ、「大丈夫、きっと良くなる」「頑張れ」等妻のプレッシャーになってしまう声かけをしてしまい、妻とお母さんとの溝が少しずつ深くなってしまいました。

妻があまりお母さんに連絡をしなくなり、妻の妹ばかり連絡するのでお母さんは嫉妬です。

9月28頃(入院から一週間後あたり)

お母さんから私に連絡がきます。

お母さん「仕事と妻への看病で大変やろうから家での家事を手伝いましょうか?」との提案です。

私は正直すごく悩みました。お母さんの純粋なやさしさだとはわかっているのですが、余裕がなくなるとすぐに感情的に怒ってしまうからです。

仕事と看病、妻の職場対応に加えて私と妻のお母さんとの関係まで悪くなるのは避けたいなぁとも思いました。

ただ、妻とのラインがあまりできない状態でお母さんなりに自分の出来ることを考えた結果と考えると私がお母さんの提案を断ることでまた感情的になってしまうのではないかと考え、家の家事をしてもらうことにしました。

まとめ

お母さんの娘への思いは相当なものがありました。ただ大事なのはコミュニケーションであり妻(娘)の気持ちを受け止めること。

お母さん自身が余裕のない自分を受け入れられないと誰かを支えることは難しいのかなと思います。

余裕のないお母さんが家にくる。この緊張感わかりますか(笑)

それではみなさん「人生をHappyに!」

コメント

タイトルとURLをコピーしました