妻と歩むうつ病闘病記⑪ 妻の母と妹の協力

皆さんおはようございます。クックフォーミーを使って豚の角煮を作ってみたのですが、とても早くておいしい角煮ができました。

今まで2時間以上かかっていたのですが、材料を入れてボタンを押すだけなので、体感時間的には30分もかかっていなかったです。

いやー便利!!

それでは前回の続き

母の協力

妻が突発性難聴をしてから、とても妻を心配に思っていたのが妻の母です。妻が入院した病院を勧めてくれたのも母で、とても頼りになっていました。

母は妻の為に本やお菓子類など病院生活を飽きさせない為のものを持ってきてくれました。

また妻の着ていた服類も持って帰って洗ってくれるので、仕事帰りに妻の服を持ち帰って洗う回数が減りとても助かっていました。

私の職場は自宅と病院の中間にあるため、病院を経由して帰ると2時間はかかっていました。

妹の協力

妻の妹は私たちの住んでいる県からかなり離れているため、見舞いには来づらい状況でした。

そのため、妻の為にパジャマなど日用生活で足りぐるしい物を送ってくれました。

そして一番助かったのは妻のラインの相手をしてくれていたことです。

私が仕事中携帯を見れないので、妻が一人の時間が多くなり、不安になることが多々あったのですが、

妻の妹は頻繁にラインをしてくれるので、気が紛れてとても助かっているようでした。

まとめ

母と妹のおかげで妻の看病の負担が減り、仕事との両立もある程度行うことができました。

しかし、2年前に妻が突発性難聴をした際に母と妻の関係に少し気になることが…うまくいくといいのですがね。

さて次回は妻の病院での生活です。

それではみなさん「人生をHappyに!」

コメント

タイトルとURLをコピーしました