妻と歩むうつ病闘病記⑩ 校長との初対面

皆さんおはようございます。最近クックフォーミーという料理を作る家電製品を買いました。

記念すべき第一回の料理を何にしようか悩み中です。妻からはお菓子がいいなぁとリクエストが来ておりますね(笑)

さて、それでは前回の続きから。

打ち合わせで聞かれたこと

9月21日

前回入院が決まり、その報告をするために妻と私2人で妻の職場へ行きました。

全体の流れとして、

  • 病気になってから入院に至るまでの経緯(私たちは個人の病院を受診した後に総合病院を受診した)
  • 病気休業をする為の診断書の提出について
  • 病気治療後の職場復帰について
  • 高額療養費制度について

学校へ行く際に学校側に聞かれた情報として、「受診した病院名」「診断名」「入院期間」があります。

結構当然の内容なのですが、結構妻も私もパニックになっている状態で、頭で覚えようとすると忘れてしまいます。

出来れば病院へ行った際にメモ等が取れれば、記録しておいた方が良いと思います。

話した内容は必ず録音

私は妻の務める学校の校長や教頭はまったく信用できませんでした。

妻を心配するよりも学校を運営することで必死な人が、今後妻が安心するような職場環境を作ろうとはしてくれないと思っていたので、

何か妻にとって不利なことが起きた時に戦えるように準備をしておかなければと思っていました。

そこで考えたのが、携帯電話での録音でした。

1年半前の録音を聞き返すと、校長や教頭は「退院後すぐ復職するのか」、「授業ができないと困る」「文化祭担当者は誰に変更しよう」「三者懇談はどうしよう」とか今後の事でいっぱいになっている様子でした。

そんな中、主幹教諭と言われる、学校のNo3の立場にいる方が言われた、「我々(学校)で何とかするしかないでしょう!」の一言にどれだけ救われたか。

校長と教頭には表面的にでも「学校は任せてゆっくり休んでください」の一言を妻に言ってあげて欲しかったな。

まとめ

校長と教頭に初めて会いましたが、妻が言ってた余裕のない労働環境が校長や教頭の言動や態度からうかがえました。

そんな労働環境の中働かれている先生方を思うと心配になりますね。

次回入院生活編突入します!

それではみなさん「人生をHappyに!」

コメント

タイトルとURLをコピーしました